ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%はなぜ走りやすい?違いや値段は?

昨年の箱根駅伝で注目されていた、ナイキのズームX ヴェイパーフライ ネクスト%。

今年の箱根駅伝の往路では、105選手中99選手がナイキのズームXシリーズを使用しています。

 
値段は約3万円前後ですが、2020年3月1日野東京マラソンで、大迫傑選手がズームXを履いたことで日本新記録を塗り替えています(21秒早くなっています)。

他にも2020年11月に行われた全日本大学駅伝では、区間賞を取った8人が全員ズームXを使用しています。

 
この記事では、ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%がなぜ走りやすいのか?他メーカーとの違いや値段について調べましたので、ご紹介します。

箱根駅伝で使用されたナイキの厚底シューズ

箱根駅伝の往路では、105人中99人がナイキのズームXシリーズを使用しています。

ズームXシリーズの内訳は公開されていませんが、「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」、「エアズーム アルファフライネクスト%」の使用は確認できました。

「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」が白色。「エアズーム アルファフライネクスト%」は黄色ですね。

ちなみに昨年のナイキのピンク色の厚底シューズは、「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」です。

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%はなぜ走りやすい?

「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」が走りやすい理由は、構造による反発性にあるようです。

2020年の全日本大学駅伝で区間賞を取った8人が全員ズームXシリーズを着用しています。

ちなみに、厚底シューズのメリットはこちらです。

・安定したスピードが出やすい
・飛び跳ねるような感覚で楽に走れる
・衝撃が吸収され足が守られる
・歩幅が伸びる

歩幅が伸びたり、足の負担が少ない反面、厚底だと重くなってしまいます。

それに対して、ナイキの厚底シューズは、カーボンファイバープレートを使用しているので、厚底なのに軽いという現象が起きています。

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%と他メーカーとの違いは?

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%以外にも、ミズノやアシックスなどが厚底シューズを販売しています。

アシックスのメタレーサーは、片足の重量が190グラムとナイキのズームXの187グラムに近い重さですが、今回使用している選手はいませんでした。

理由はわかっていませんが、ナイキのズームXがすでにオリンピック選考会などで結果を出しているのが要因かもしれません。

他メーカーの厚底シューズで新記録を打ち出してくるとシェア率は変わってきそうですね。

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%の値段は?

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%の値段は、約3万円です。

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%はレース用なので、耐久性はありません。

ただ、耐久性がないと言っても、プロの選手が使用する前提での話なので、ランニング用であればもう少し使えそうですね。

ズームX ヴェイパーフライは、楽天市場などで市販されているので検討してみてはどうでしょうか。

値段はどこも統一価格なので、ポイントが貰える楽天がおすすめです(要会員登録)。