【21卒】web面接で好印象を残すポイントは?就活氷河期に?

今年の就活は新型肺炎の影響もあってか、就活スケジュールもグチャグチャの状態になっていますね。

就活生にとっては、かなり痛手だと思います。説明会も中止になり、web説明会に急遽変更している企業もちらほら見かけます。

現在就活に限らず、イベントは自粛ムードですが、その中で企業は人材を集めないといけません。

そこで注目が集まっているのが、web面接です。

インターネットで面接をすることができれば、企業側も費用を削減でき、地方の学生も交通費などを節約することができます。

web面接自体新しい取り組みなので、対面での面接と少し勝手が違うかもしれません。

また、企業の採用枠も減ってきているみたいなので、就職氷河期に入ってきている可能性も。。。

今回は、web面接のメリットやweb面接で好印象を残すポイントなどをご紹介します。

スポンサーリンク

就活のオンライン化が進む?

新型コロナウイルスの影響で良くも悪くも就活のオンライン化が進んでいます。

就活関係でwebと言えば、適性検査がよく利用されていますね。

web説明会はあまり見かけませんが、今回のウイルスの影響で急遽web説明会に切り替えた企業が多数ありました。

今のところ、説明会はほぼ中止しているので、面接も対面ではなく、web面接になるかもしれません。

web面接の特徴

web面接の特徴は言うまでもありませんが、現地に行かずに面接が出来る点です。

企業は会場の準備の手間が省け、学生は現地に行かなくて良いので、交通費や時間の節約になります。

交通費の面は地方の学生は助かるのではないでしょうか。

従来の就活の流れに変化を与える?

就活のオンライン化が上手く進めば、ネットだけである程度完結できるので、就活フローも変わる可能性があります。

ネットだけで、「書類選考→適性検査が→採用」の流れが完結できれば、現地で会場を準備する手間が省けます。

企業は費用削減でき、学生は交通費の節約になり、お互いwin-winになりますね。

web面接のメリット・デメリット

次にweb面接のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

web面接のメリット

web面接のメリットは大きく2点です。

交通費・時間の節約
リラックスできる空間で面接を受けることができる。

まず、交通費と時間を節約できます。特に移動時間を節約できるので、勉強や面接の練習に時間を割くことができます。

移動中でも勉強や面接で話す内容の復習はできますが、どうしても100%集中できません。

web面接であれば、移動しなくていいので、面接の時間まで家やリラックスできる場所で勉強や復習をすることができます。

また、交通費の節約にも大きく貢献できると思います。地方の学生は交通費が半端ではありません。説明会や面接に行く時に、新幹線や飛行機などを使うので、かなりの金額を使います。

現在は売り手市場と言われていますが、少なくとも10社くらいは受けているはずなので、数万円は使います。就活で20〜30万円使う人もいるようです。

一つはっきりしているのは、就活が長引けば長引くほど、交通費が増えることです。これに関しては、どうしようもないことないので、各自で終わるタイミングを決めておく必要がありますね。
(内定がゼロとかの話ではないです。内定をもらっても就活を続ける人が多いためです。)

次にリラックスできる場所で面接を受けることができるのもポイントです。

面接会場は初めて行く場所なので、どうしても緊張することが多いです。

web面接の場合は、場所の指定はないので、落ち着ける場所で面接を受けると、練習した成果を十分に発揮できます。

家で面接を受けるのであれば、色々面接対策を工夫できると思いますので、早めに対策しておきましょう。

web面接のデメリット

web面接のデメリットは、電波ですね。通信状況にもよりますが、ラグが起きることがあるかもしれません。

なので、質問を上手く聞き取ることができないアクシデントも発生します。相手に上手く伝わらない可能性もありますね。

こちらで対策できる方法は、パソコンの電波状況を万全の状態にするのみです。

スポンサーリンク

web面接で好印象を残すには?

web面接であっても、相手に好印象を残さないと、最終面接には残ることができません。

web面接はカメラ越しに面接を行うので、工夫できるポイントをご紹介します。

カメラの位置に気を遣う

web面接は話すときは画面を見るのではなく、カメラを見て話しましょう。対面の面接では、相手の顔を見ながら話しますが、web面接の場合は、カメラを見て話しましょう。

カメラを見て話さないと、相手から別の方向をみて話していると捉えかねません。おそらく、下を向いたまま話している姿が映ると思います。

こちらもカメラ越しにどんな風に映っているか、確認しておきましょう。

背面の壁を白にする

背面の壁は白にすると、顔がはっきり映ります。これが黒だと見づらくなりますし、モノがあると生活感があるので、印象はあまり良くありません。

対面の面接会場と同じく、白色にしておきましょう。

メモ用紙を目の前に貼っておく

web面接はカメラ以外の場所は見えないので、メモを準備することができます。

メモばかり見るとすぐバレてしまうので、乱用してはいけませんが、逆質問するときの質問リストを貼り付けておくと、すぐに質問することができます。

また、想定した質問のキーワードを羅列するだけでも、内容を緊張で忘れた時にすぐ確認することもできますね。

スポンサーリンク

今のうちに面接に慣れておく

web面接も対面の面接と同じなのは変わらないので、面接の雰囲気には慣れておきましょう。ぶっつけ本番でするよりかは、楽になりますよ。

web面接慣れしてる人は、まだ少ないはずなので、ここでライバルを出し抜くチャンスにもなります。

就活は、イレギュラーなことが起きているときがチャンスです。

就活ルールが12月から3月に変更された年も準備しまくっている人がライバルを出し抜いていました。
(例:3月は説明会だけしかしないというはずなのに、面接をしている企業がたくさんいた。)

逆にイレギュラーに対応できなければ、足をすくわれる羽目になるかもしれません。

冒頭でもお話しましたが、新型コロナウイルスの影響で企業の採用枠が減ってきているので、就職氷河期に突入しようとしている可能性があります。

ただ、就活はまだ始まったばかりなので、頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です