オリンピックチケット追加販売決定!対象競技や申し込みの注意点は?

遂に東京オリンピックチケットの追加抽選の発表が東京オリンピック委員会よりアナウンスがありました。

抽選に当選しなかった人には朗報です。

今回は追加抽選の対象競技や申し込みの注意点などにスポットを当ててみていきたいと思います。

スポンサーリンク




概要

第1次抽選販売で1枚も当選されなかった方を対象にし、第1次抽選の追加抽選販売を実施することをご案内いたします。なお、追加抽選販売の準備のため、一部のサービス(マイチケット、チケット購入、競技情報等)をご利用いただくことができません。予めご了承ください。

・第1次抽選の追加抽選販売スケジュール

抽選申込受付期間:201988日(木)未明から819日(月)11:59

抽選結果発表  :2019911日(水)

購入手続期間  :2019911日(水)から924日(火)23:59

 

・第1次抽選の追加抽選販売の対象者

1次抽選の追加抽選販売は、東京2020オリンピック観戦チケットの第1次抽選販売で1枚も当選されなかった方が対象となります。

引用:https://ticket.tokyo2020.org

受付申し込み期間は、8月8日未明から8月19日の11時59分となっています。

受付開始の時間を明記してないのは、急激なアクセスによるサーバーダウンを防ぐためでしょうか?

今回も抽選による販売なので、期間内に申し込めば問題ないので、初日の申し込みを敢えて避けても良いかもしれませんね。

お目当の競技のチケットが対象になっていれば、絶好のチャンスです。

開会式と閉会式の抽選はあるのか?

オリンピックの大目玉である、開会式と閉会式の抽選はあるのだろうか?と気になっている方もいると思います。

しかし、残念ながら開会式と閉会式の抽選はありません。

・対象の競技・種別

水泳(飛込)/水泳(水球)/陸上競技/陸上競技(マラソン)/野球/ソフトボール/バスケットボール/カヌー(スプリント)/

自転車競技(マウンテンバイク)/自転車競技(ロード)/馬術(馬場馬術)/フェンシング/サッカー/ゴルフ/体操(体操競技)/

ハンドボール/ホッケー/近代五種/ボート/ラグビー/テコンドー/ビーチバレーボール/バレーボール/ウエイトリフティング/レスリング

引用:https://ticket.tokyo2020.org

24種目の競技が抽選対象になっています。

開会式や閉会式の抽選を期待してた方は残念な気持ちだと思いますが、今回の抽選対象には人気のある競技も含まれているので、申し込みだけはした方が良い思います。

次いつ日本でオリンピックが開かれるか分かりませんので。

スポンサーリンク




追加抽選申し込みの注意点

初回の抽選に当選しなかった人全てが対象になっていますが、注意点もあります。

(抽選の対象とならない方)

・第1次抽選販売にお申込されていない方

・第1次抽選販売で当選された方(購入手続をしなかった方を含む)

・本追加抽選販売にて2セッション以上の申込をされた方

引用:https://ticket.tokyo2020.org

 

今回の抽選は初回の抽選に応募した人のみが対象です。

なので、初回の抽選に申し込みをしていない人は抽選に参加することができません。

初回の抽選で当選した人も対象外ですね。

購入しなくても当選したという実績がついてしまうと申し込みができません。

特に注意したいのが、今回の抽選に2セッション以上申し込んだ時です。

2セッション以上は、2種目以上の競技の抽選に申し込んだことを指します。

初回と違い、複数の申し込みができないので、注意する必要がありますね。

追加抽選以外にチャンスはあるのか?

もし今回抽選が外れたとき、まだチャンスはあるのか?と思います。

恐らく、次回も抽選を行う可能性があり、最終的にはオリンピックの窓口で販売すると思われます。

今回落選しても気を落とさず、次回に期待しましょう。

間違ってもチケット欲しさに第三者からチケットを購入するというのはやめましょうね。

スポンサーリンク




まとめ

今回はオリンピックのチケットについてまとめました。

初回の抽選が外れた人は絶好の機会なので、もう一度トライするのも良いかもしれません。

また外れてしまってもチャンスはまだあるので、諦めずに頑張りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です