【新型コロナ】アビガンの効果は?副作用に異常行動やショックも

厚生労働省が新型コロナウイルス治療に向けて、インフルエンザ薬「アビガン」の使用を検討しているとの報道がありました。

治療薬としてインフルエンザ薬「アビガン」を臨床試験を行い、効果があれば全国の医療機関で使用できるよう、対策方針をまとめるとのことです。

ただ、タミフルと同じインフルエンザ薬であり、異常行動やショック症状を起こす可能性があるので、政府としてはかなり慎重な動きです。

今回はインフルエンザ薬「アビガン」の効果や副作用についてご紹介します。

スポンサーリンク




インフルエンザ薬「アビガン」とは?※ただし、副作用もあります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

「アビガン」は富士フィルム社が開発に関わっているインフルエンザ薬です。

インフルエンザ薬に効くのはもちろん、他にもエボラ出血熱に効いたとギニアから報告があります。

他のウイルスに効いた実績があるため、今回の新型コロナウイルス治療の一つとして検討されたのかもしれません。

ただし、後述しますが、異常行動やショック症状の副作用が引き起こす可能性があるので注意です。

 

アビガンの効果

「アビガン」はウイルスの増殖そのものを防ぐ効果があります。

「タミフル」「リレンザ」などの従来のインフルエンザ薬は細胞の中にウイルスを閉じ込めます。

従来のインフルエンザ薬との違いは、直接増殖を防ぐという点ですね。

 

アビガンの副作用

アビガンの副作用は、以下の2点です。

・異常行動

・アナフィラキシーショック

 

異常行動

異常行動のイメージとしては、「タミフル」の副作用で転落死した事故と同じです。

急に走り出したり、徘徊したりするので夜中は特に注意が必要ですね。

 

アナフィラキシーショック

薬物アレルギーでアナフィラキシーショックが起きることがあります。

なので、他のインフルエンザ薬が効かないときに「アビガン」を使用するように注意書きがされています。

 

妊婦には使えない

「アビガン」は妊婦に使えません。

理由は、動物実験で胎児の死亡や奇特性(障害を持って生まれる)が判明しているからです。

妊娠している可能性の人にも使えません。

 

新型コロナウイルスに有効か?

「アビガン」が新型コロナウイルスに有効かはまだ分かりません。

厚生労働省は、「アビガン」の効果の検証結果を25日に公表すると報じているのでそれまで待ちましょう。

仮に「アビガン」がダメであっても、他の薬を試す可能性は高いです。

予想としては、中国で効いたと報告があるエイズ治療薬でしょうか。

日本は対象の病気に有効であると証明されないと使用自体が認められないのですが、今回のコロナウイルスに関しては珍しく対応が早いので期待できそうですね。

 

スポンサーリンク




最善の予防策は不用意な外出を避ける

一番の予防策は不用意に外に出ないことです。

市販のマスクでは、新型コロナウイルスは防ぐことはできないので。。。

飛沫感染はもちろん、最近のニュースで電車内の感染範囲が広いと報じられていました。

人が多い都心では通勤などが大変かもしれませんが、なるべく人に近すぎないようにしないといけませんね。

 

副作用にはくれぐれも注意すること

今回に限った話ではありませんが、副作用には注意しましょう。

タミフルの副作用で異常行動を引き起こし、マンションから転落死した事故が良い例です。

薬物アレルギーを引き起こす、アナフィラキシーショックも怖いですね。

どんな薬にも副作用があるので、医師や薬剤師の説明は聞き流すのではなく、しっかりと聞いておきましょう。

病院に通うときに、「おくすり手帳」は忘れないように。一緒に飲んではいけない薬の組み合わせがあるので。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です