マイナンバー通知カード廃止後はどうなる?ふるさと納税に影響?

マイナンバー通知カードがいつのまにか今年の5月25日に廃止されます。

ネットでもいつの間に!という声が大きく、マイナンバー通知カードが廃止されることで「証明書として使えなくなるの?」「マイナンバーカードが作れなくなる?」「ふるさと納税に影響は?」という声もありました。

 
マイナンバー通知カードが廃止されてもマイナンバーを証明書する書類として使用でき、マイナンバーカードも発行できます。ただし、住所などに変更があった場合は、マイナンバー通知カードは使えないので注意する必要があります。

 
この記事では、マイナンバー通知カード廃止の理由やその影響についてご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。

この記事のまとめ
・マイナンバー通知カード廃止は2020年5月25日
・マイナンバー通知カード廃止後は、通知カードの新規発行・再交付と住所氏名などの記載変更
・マイナンバー通知カードが廃止でも住所等に変更なければ使用できる
・マイナンバー通知カード廃止後もマイナンバーカードは発行できる
・ふるさと納税の申請に影響はなさそう

スポンサーリンク

マイナンバー通知カードが5月25日に廃止

マイナンバー通知カードは5月25日に廃止されますが、これは2019年の5月にデジタル法で公布されています。

僕たちにとっては、急な話になりますが廃止自体は1年前に決まっています。

こういった法案はホームページなどで確認しないといつの間にか決まっていることが多いので、生活に大きな影響が出そうなものは「お知らせ」として郵送してほしいですね。

廃止の理由

廃止の理由として、総務省は次の回答をしています。

理由としては、通知カードの記載の正確性を維持するために必要な“転居などをした際の記載事項の変更”が住民、市町村職員の双方に負担となっていたことが挙げられます。

また、社会のデジタル化を進める観点から、公的個人認証の電子証明書が搭載された「マイナンバーカード」への移行を早期に促していくことが重要であることも理由の一つです。

引用:https://www.fnn.jp

住民と公務員双方に負担が大きいことが挙げられています。マイナンバーカードの普及率がいま1900万枚の14.9%であることも理由の1つですね。

普及率があまりにも低すぎるので半強制的に移行を促す必要があるようです。

 
いつまでたっても普及しなければ、公務員の負担が減らないからかもしれませんね。

マイナンバー通知カード廃止についてネットの反応

マイナンバー通知カードの廃止が間近に迫っていることにネットではこんな反応がありました。

廃止になることを聞いて焦ったり、最初からマイナンバーカードを送付したら良かったのでは?などの声があります。

また、マイナンバー通知カードが廃止になったらどうなるのか?と心配している方もいますね。住所等の変更がなければ問題なくマイナンバーの証明書として使えますが、住所変更し忘れて焦っている人もいます。

マイナンバー通知カード廃止後は使えなくなる?

マイナンバー通知カードの廃止後も住所等の変更がなければ問題なく使うことができます。

5月25日以降も、通知カードに記載された、氏名、住所、生年月日および性別に変更がない限り、引き続き、通知カードを“マイナンバーを証明する書類”として使用できるため、特段の不具合は想定しておりません。

ただし、住所などに変更があった場合は、通知カードを“マイナンバーを証明する書類”として利用できなくなります。

なお、5月25日以降は、個人番号の通知は、通知カードに代わって、「個人番号通知書」により行われることとなります。

この「個人番号通知書」は通知カードとは異なり、“マイナンバーを証明する書類”としては利用できません。

引用:https://www.fnn.jp/

上記の総務省の回答によると、5月25日移行は「個人番号通知書」というものに代わりますが、こちらではマイナンバーを証明する書類としては使えません。

慌てて住所変更の手続をするより、マイナンバーカードの申請をしたほうが今後のことを考えると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ふるさと納税の申請に影響?

ふるさと納税にマイナンバー通知カードを使って申請してる人も廃止後に住所変更がなければ、マイナンバーの証明書として使うことができるのでいまのところ影響はありません。

もし、通知カードの住所変更をした場合でも、マイナンバーカードか個人番号が記載された住民票の写しがあれば申請できるので心配はなさそうです。

 
いまのところマイナンバー通知カードが廃止になっても証明書として使えるので、焦らずにマイナンバーカードを作るのが賢明かもしれませんね。

この記事のまとめ
・マイナンバー通知カード廃止は2020年5月25日
・マイナンバー通知カード廃止後は、通知カードの新規発行・再交付と住所氏名などの記載変更
・マイナンバー通知カードが廃止でも住所等に変更なければ使用できる
・マイナンバー通知カード廃止後もマイナンバーカードは発行できる
・ふるさと納税の申請に影響はなさそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です