モーリシャス座礁原因や場所は?商船三井や日本政府の対応は?

アフリカ、マダガスカルにあるモーリシャスに日本企業の商船三井が座礁し、重油を流出させる事故がありました。

モーリシャスは海洋保護区になっているエリアもあり、そこまで重油が流れてしまうと貴重な魚や海を汚してしまう可能性が起きてしまいます。

 
商船三井はいま重油の回収を行っていて、日本政府もモーリシャス政府からの要請で専門家のチームを派遣しています。

この記事では、商船三井がモーリシャス沖に座礁した原因や場所、対応等について調べましたので、ご紹介します。

この記事のまとめ
・モーリシャスで商船三井が座礁し、重油が1000トン以上流出
・座礁の原因は調査中で、座礁場所はモーリシャス沖との情報のみ
・商船三井はオイルフェンスの設置や重油の回収をしているがまだ50トンしか回収できていない
・日本政府はモーリシャス政府の要請を受けて、専門家のチームを派遣
・日本政府派遣の専門家のチームは主に重油を取り除く作業の支援をするとのこと

スポンサーリンク

モーリシャスで商船三井が座礁し、重油流出

7月26日に商船三井が運行する貨物船がモーリシャス沖に座礁しています。

その約1週間後の8月6日に首尾にあるタンクの1つから重油が流出したようです。

タンクに亀裂が入って1週間後に重油が漏れるなんてあるのかが疑問に残ります。

既に1000トン以上流出しているたので、重油が漏れていたことに気づいたのが8月6日だったのかも。

1日で1000トン以上も流出するなんてするのでしょうか。。。

モーリシャス座礁の原因や場所は?

商船三井は、座礁の原因は調査中と発表しています。ただ、高波や強風で島の浅瀬に近づきすぎてしまった可能性があるとも話しています。

座礁の原因が分かればいいのですが、併せて1000トンの重油が流出するまで気づかなかったのかも説明してほしいですね。

 
モーリシャス座礁の場所は、モーリシャス島の沖との発表しかされていません

すでにかなり広範囲に広がっていますね。

モーリシャスは海洋保護区に指定されているエリアもあるのでそこまで重油が流れると、そこに住んでいる生物に悪影響が出てしまいます。

こちらはモーリシャスの住民が商船三井から漏れた重油の広がりを抑えようとしている動画です。

モーリシャスは水産資源が豊富なので重油流出で資源にダメージを大きく与えてしまいかねません。なんとか最小限にとどまれば良いのですが。。。

スポンサーリンク

商船三井や日本政府の対応は?

商船三井は、オイルフェンスを設置して重油の広がりを食い止めるとともに回収作業等の対応をしています。

ただ、1000トン以上流出した重油のうち、まだ50トンしか回収できてないそうです。。。

このままだと海洋保護区まで重油が流れるのは時間の問題になってしまいます。

 
今回の事故でフランス政府の支援に続く形で日本政府も専門家のチームを派遣しています。

日本政府から派遣された専門家のチームは、重油を取り除く作業の支援をするみたいなので、1日でも早く重油の回収をしてほしいですね。

この記事のまとめ
・モーリシャスで商船三井が座礁し、重油が1000トン以上流出
・座礁の原因は調査中で、座礁場所はモーリシャス沖との情報のみ
・商船三井はオイルフェンスの設置や重油の回収をしているがまだ50トンしか回収できていない
・日本政府はモーリシャス政府の要請を受けて、専門家のチームを派遣
・日本政府派遣の専門家のチームは主に重油を取り除く作業の支援をするとのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク