としまえんのプールで死亡事故発生。未然防止はできなかったのか?

8月15日に東京都になる遊園地「としまえん」にあるプールで死亡事故が発生しました。

毎年夏になると、発生してしまう水難事故です。

今回は遊園地に併設されたプールでなぜ事故が起きたのか、未然防止対策の有無など調査しました。

スポンサーリンク




概要

15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区向山3丁目の遊園地「としまえん」にあるプールで、水面に浮かべられた遊具の下の水中に女児がいるのを監視員が見つけた。女児は病院に搬送されたが、午後4時ごろ死亡が確認された。同庁は女児がおぼれたとみて、詳しい経緯を調べている。

引用:https://www.asahi.com

毎年水の事故が発生しますが、プールといえど気をつけないといけませんね。

事故にあったのは、8歳の女児だったのでとても悲しい出来事ですが、周囲の人は女児が遊具の下に潜る姿は見なかったのでしょうか?

遊具から離れて潜る人もいたら、異常に気づけそうな気もしますが。。

小さな子供が1人で行動しているのを見かけたら、注意する必要がありますね。

事故現場は子供向けエリアだったが・・・

引用:http://www.toshimaen.co.jp

事故現場は子供向けエリアだったそうです。

子供向けエリアなので、比較的安全なのかとイメージしますが、このエリアは競泳用のプールに遊具を設置していて、一番深いところで1.9mあります。

全員ライフジャケットを装着が必須で、身長110cm以下の子供は保護者と同伴するルールがありましたが、それでも子供向けには適さないと気がします。

足が地面につかない深さは、大人でも危険だと感じるはずですが、それを子供向けエリアとして設定するのはどうなんでしょうか。

スポンサーリンク




未然防止はできなかったのか?

プールである以上、危険が伴うので未然防止が必須となりますが、としまえんの防止策はどうだったんでしょうか。

としまえんの防止策は以下のものでした。

このエリアでは正午と午後2時、利用客にプールから上がってもらったうえで点検をしている。森本さんは午後2時の点検の際に、「浮島」と呼ばれる遊具の下で見つかった。正午の点検では異状はなかったという。ここには監視員が7人配置され、当時は約270人が利用していた。監視員は、利用客に「遊具の下に潜り込まないように」と呼びかけていたという。

引用:https://www.asahi.com

監視員7人に加え、定期点検時には全員をプールサイドに上がってもらっているので、としまえんの対策として落ち度はないように思えます。

となると、正午と午後2時の定期点検の間の時間に遊具の下に潜り込んだことになりますね。

保護者は女児を見失った時にすぐに監視員に知らせなかったのかが疑問に残ります。

としまえんの今後の対応について

としまえんは8月16日のプール営業を中止すると、自社のホームページでアナウンスしています。

としまえんホームページ

今後の予定については何もアナウンスがありません。

事故が発生しているので、対応策を提示するまでは、プール営業を中止した方が良い様に思えますが。

利用者にとっては大切なことなので、今後の対応については注目が集まりますね。

スポンサーリンク




まとめ

としまえんでの水難事故についてまとめました。

プールは楽しいので、はしゃぎたくなる気持ちは分かりますが、最悪の事態にならないように身の安全を確保が必要になります。

友達や家族を見失ったら、すぐに監視員に呼びかける習慣も必要かもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です