ラインモバイルの新規申し込みの終了はいつ?新料金プランと比較も

ソフトバンクがドコモの新プラン「ahamo」に対抗して、「SoftBank on LINE」を3月に開始すると発表がありました。

料金は月額2980円で、データ容量は20GB。さらにラインを使用するときはデータ容量を消費しません。

また、「SoftBank on LINE」スタート時にラインモバイルでの新規申し込みは終了に。

 
ソフトバンクの副社長がラインモバイルの既存ユーザーを「SoftBank on LINE」へ移行させると話しているので、ラインモバイルのユーザーにとっては値上げのプランになります。

「格安料金かつドコモ回線が繋がるから」と、契約しているユーザーも多いので、他社の料金プランを比較する必要が出てきますね。

ソフトバンクが「SoftBank on LINE」を発表

ソフトバンクがドコモの新プラン「ahamo」に対抗して、「SoftBank on LINE」を発表しました。

サービス開始時期は3月で、料金は月額2980円。データ容量は20GBとドコモと全く同じです。

申込みはオンラインのみ(ウェブかラインで手続き)。

 
ただ、ドコモのプランと大きく違う点として、ラインのカウントフリーがあります。

カウントフリーとは、ラインモバイルが提供しているサービスで、ラインをどれだけ使っても通信容量を消費しません

 
ラインをメインに使う人は通信容量を気にせず使えるし、20GBの容量をユーチューブやネットサーフィンなどに回すことができます。

ただ、ラインモバイルのようにツイッターやフェイスブック、インスタグラムはカウントフリーにならないので注意です。

ラインモバイルの新規申し込みの終了はいつ?

ラインモバイルの新規申し込みは、3月からスタートする「SoftBank on LINE」のサービス開始時に終了します。

 
また、ソフトバンクの榛葉淳副社長は、ラインモバイルの既存ユーザーを「SoftBank on LINE」へ移行させると話しています。

 

月額2980円のプランしかなければ、多くのユーザーは値上げプランに加入しないといけなくなるので、逆に損をすることに。

しかも、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムのカウントフリーはなくなります

回線については、ソフトバンク以外の回線については言及されていませんが、ラインモバイルがソフトバンクの子会社になる予定なので、ドコモ回線はなくなる可能性も

ソフトバンクの新料金プランと他社のプランを比較

ソフトバンクの新料金プランと他社の料金プランを比較しました。

ソフトバンク「SoftBank on LINE」
・月額:2980円
・データ容量:20GB
・ライン使用時はカウントフリー(通信容量を消費しない)
・回線:ソフトバンク。他回線は不明
・4G・5G対応
・3月にサービス開始
ラインモバイル 音声SIMプラン
・500MB:月額1100円
・3GB:月額1480円
・6GB:月額2200円
・12GB:月額3200円
・回線は、ソフトバンク・au・ドコモ回線
・4Gのみ
・ツイッター・フェイスブック・インスタグラム等カウントフリー(SNS音楽データーフリー加入(+480円)の場合)
ドコモ「ahamo」
・月額:2980円
・データ容量:20GB
・回線:ドコモ回線
・4G・5G対応
・3月にサービス開始
日本通信
・月額:1980円
・データ容量:16GB(ドコモの新プラン開始時に20GBへ変更)
・4Gのみ
・ドコモ回線
・12月10日からサービス開始

ソフトバンクとドコモの料金は月額2980円と同額で、データ容量も20GBと全く同じです。

ソフトバンクユーザーはかなり魅力的なサービスですが、ラインモバイルの既存ユーザーの大半は値上げプランとなり全く魅力がありません。

ソフトバンクの副社長の発言を聞く限り、ラインモバイルのユーザーは新プランに移行する可能性が高いので、日本通信など他の格安スマホに乗り換える必要も出てきますね。