コロシテくんのデザインは気持ち悪い?グッズ販売はある?

大阪万博のロゴマークが決まりましたが、デザインが奇抜すぎて早速ネットでネタ扱いされていますね。

ネットでは「コロシテくん」と呼ばれています。

コロシテくんと呼ばれるようになった理由が気になりますね。

 
また、コロシテくんのデザインが気持ち悪いと言われていますが、人気は高いみたいです。グッズの販売もあるか気になりますね。

この記事では、コロシテくんのデザインに対する反応やグッズ販売はあるのか調べましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

大阪万博のロゴが「コロシテくん」と呼ばれる理由は?

大阪万博のロゴが「コロシテくん」と命名された理由は、見た目がグロテスクなので自然とそう呼ばれるようになったみたいです。

元ネタも調べましたが見つけることができませんでした。

デザインのコンセプト自体が細胞をイメージして作られているので、グロテスクに見えてもしょうがないのかもしれません。。。

コロシテくんのデザインは気持ち悪い?

コロシテくんのデザインを見て気持ち悪いと言う声が多数ありました。

「コロシテくん」をイメージしたら、漢字が脳内変換されて恐怖を感じているみたいですね。

漢字をイメージするとたしかに他に思いつきませんが。。。

デザインはストレートに酷評しています。

これは2次作品ですが、かわいらしいデザインになっています。

目の部分や丸みを帯びすぎると気持ち悪くみえるのかもしれません。

元のデザインが良いと絶賛しています。

たしかにネタ扱いされながらも、かわいいデザインにアレンジしたりドーナツになっても存在感は保たれていますね。

スポンサーリンク

コロシテくんのグッズ販売はある?

コロシテくんが気持ち悪いと言われる一方で、人気であることもわかりました。

すでにコロシテくんのグッズを欲しがっている人が出ています。

コロシテくんのグッズが販売されているかメルカリなどを確認しましたが、販売されていませんでした。

公式がグッズを出すと一気に売れそうですね。

ちなみに販売されていませんが、コロシテくんのグッズを制作している人は確認できました。

かなりレベルが高いですね。

メルカリなどで出品ができるのであれば、一瞬で売り切れそうです。

公式から公認を受ければ、ドーナツとかはすぐ出そうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク