GWのコミケ98は中止か延期?コロナウイルスの感染対策は?

オリンピックの影響でGWに開催されるコミケ98ですが、新型コロナウイルスを心配する声が上がってます。

今のところ、コミケ主催側から中止・延期のアナウンスはありませんが、感染リスクの対策が気になるところです。

参加する予定の人は、感染対策の準備が必要になりますね。

スポンサーリンク



コミケ98は中止?延期?

今のところ、コミケ98の中止(または延期)アナウンスはありませんが、同じ東京ビッグサイトで開催するイベントを中止する団体が続出しています。

就活大手のリクルート主催の合同説明会はすでに中止、毎年約7万人が訪れるカメラの見本市、CP+も中止になりました。

また、東京ビッグサイトに限らず、全国のイベントは中止・または延期しているところが増えています。

中止する理由の背景は、責任問題を問われることを恐れているみたいですね。

 

感染リスクアップの原因

コミケは一般参加者の人数が多く、毎年会場が混雑してるので、新型コロナウイルスの感染リスクを高める原因になり得ます。

人口密度の高さ

人口密度の高さも感染リスクアップの原因になります。

前回のコミケ97は4日間で75万人が訪れ、会場の広さは従来の75%に縮小しており、普段より人口密度が高いです。

人口密度が高いと、人との距離が近くなるので、飛沫感染を防ぐことが難しくなります。

 

GW開催

コミケに限った話ではありませんが、GWの大移動は混雑するので、移動中に新型コロナウイルスに感染する可能性もあります。

特に新幹線や電車、飛行機、バスなど長時間換気できない密室空間は要注意です。

一番怖いのは、コミケで感染して帰宅までの間に他の人にうつしてしまうことですね。

こまめにアルコール消毒や手洗い・うがいをして、予防に努めましょう。

 

スポンサーリンク



感染対策は難しい?

コミケ主催側から具体的な感染対策はアナウンスされてませんが、感染対策は難しいと思います。

理由は、感染の主な原因が飛沫感染だからです。

コミケは身動きすら大変なほど会場が混雑しているので、人との距離がかなり近く、咳をしてつばや菌が顔や服に付着する確率が高いです。

それを踏まえると、現状での感染対策の難易度は高いですね。

また、接触感染を防ぐにもアルコール消毒液が不足しているので、会場に常備することも絶望的です。

 

市販のマスクでは防げない

マスクしているから大丈夫と考えている人もいると思いますが、残念ながら市販のマスクでは新型コロナウイルスを防ぐことはできません。

理由はマスクのウイルス不透過率が低いからです。

不透過率というのは、「ウイルスをどれだけあなたの口に吸い込まないか」というもの。

市販のマスクは、息を吸ったときに、酸素と一緒にウイルスも吸い込んでしまいます。

防ぐには結核などの感染症を防ぐ専用のマスクが必要になりますね。(値段はかなり高めで、見た目が悪いです)

ただ、インフルエンザなど他の病気が減少傾向にあり、感染対策の意識は高まってるので、一概に意味がないわけではありませんが。。。

 

スポンサーリンク



コミケ主催側の判断は?

冒頭でも触れていますが、コミケ主催側から開催するかどうかの情報は発信されていません。

既にコミケより参加者が少ないイベントを中止した団体は、「感染するリスクを排除できない」との理由で開催を中止しています。(このイベントの参加者は約7万人です)

他にも東京マラソンは参加制限を設けたり、数百人規模のイベントは中止の情報が相次いでいます。

中止したイベントの10倍の参加人数になるコミケですが、主催側が感染対策について、なにも情報を発信してないのが心配です。

今回のGW開催で新型コロナウイルスが全国的に広がることが一番怖いですが、最終的には主催側の判断になるので、開催するのか、中止・延期にするのか早めに教えてほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です