【あつまれどうぶつの森】複数の島や引越しは本体が2台必要?

3月20日についに「あつまれどうぶつの森」が発売されますね。

新型コロナウイルスの影響で予約が延期になるなど、発売も延期になるのか心配でしたが予定通りの発売です。

ハードが携帯ゲーム機から据え置き機(一応携帯ゲームの機能もありますが)へと変わったことから、色々疑問の声が上がっています。

例えば、「複数の島を作ることができるのか?」、「データの引越しはできるのか?」などです。

今回は、複数の島やデータの引越しについてご紹介します。

スポンサーリンク

複数の島を作ることは出来る?

結論から言うと、1つの本体で島は一つしか作ることができません。

今回は、「本体1つで島は1つ」という特殊な仕様になっています。1つの島を最大8人のプレイヤーで共有するということになりますね。

 

タイトルが「あつまれどうぶつの森」なので、一つの場所”にあつまる”というイメージを想定していたから、このような仕様になってのでは?と推測しています。

 

その証明となるのが、”最大8人のプレーヤーが一つの島で遊べる”です。作り手としても、みんなで一つの島を作り上げて欲しいというメッセージを込めているのかもしれませんね。

ただ、サブの島が欲しかった人にとっては、悲報です。

過去作では、データごとに村を作ることができた。

過去作を遊んでいる方なら、当たり前ですが、前作まではセーブデータごとに村を作ることができました。

村を複数作ることができると、いろんなバリエーションを加えることができるので、便利ではありますね。僕の周りやインターネットの声を見てみると、サブの村を作っている人は多い印象です。

複数の島が欲しいときは?

「複数の島が欲しい!」となると、任天堂スイッチを2台用意する必要がありますが、スイッチ1台で2〜3万円するので、2つ目の島のためだけに買うのはなかなか手が出ないと思います。

「ソフト1つにつき島1つ」であれば、まだ手が出せそうでしたが、本体2台目はキツイですね。

ここに関しては、作り手のゲームの方向性が違うので、「一人で複数の島を作りたい」という点については、敢えて外したのかもしれません。

ユーザーの引越しはどうなる?

もう一つの疑問がユーザーのデータ引越しです。今までは、DS2台を使ってデータを引越しできましたが、今回も引越しができるか気になりますね。

調べたところ、こちらについても当初は、データの引越しはできないという発表でした。

 

ですが、批判が大きかったせいか、データの引越しの方法を検討しています。時期については未定ですので、発表があるまで待ちましょう。

ユーザーの声でメーカーが動くなんて、ダメ元で言ってみるものですね。(笑)

スポンサーリンク

複数の島が欲しい場合は、2台目は必須

繰り返しになりますが、2つ目の島が欲しい場合は、2台目のスイッチが必要になります。

兄弟でそれぞれ1台ずつ持っていれば、特に問題はなさそうですが、サブの島を作りたい人にとっては、死活問題ですね。

 

ソフト2つ買うくらいなら、なんとかなりそうですが、数万円するスイッチ本体を買うとなると、社会人でもなかなか手がだせそうにないです。

今回は我慢するか、それとも思いっきり決断して2台目を買うか、、苦渋の選択になりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です