チェンソーマンのアニメ化はいつ?世界観や設定が面白いと話題に

数年前まで低迷期と言われていた少年ジャンプですが、最近は人気漫画が豊富になってきましたよね。

約束のネバーランド、鬼滅の刃、呪術廻戦など次々にアニメ化されています。特に鬼滅の刃は勢いがありすぎて、どこまでいってしまうのか気になるところですが、その中で気になる作品が。。。

チェンソーマンという作品なのですが、今ネットで第二の鬼滅の刃になるのでは?と注目を浴びています。

今回は、チェンソーマンのアニメ化や世界観などについてご紹介します。

スポンサーリンク




チェンソーマンとは

チェンソーマンは、藤本タツキさんが描くダークファンタジーです。

物語の目的は明確で、話の展開もスピーディなので、読者もついていきやすいですが、少年ジャンプにしては成人向けの要素も含まれているので、人を選ぶ作品でもあります。

 

さらに、わずか5巻で100万部突破しています。100万部突破しているので、アニメ化の話がネットで上がっている理由でもあります。

チェンソーマンのアニメ化はいつ?

チェンソーマンのアニメ化はまだ確定していませんが、わずか5巻で100万部突破しているので、アニメ化の可能性は高いです。

早ければ年内にはアニメ化の情報が入ってきそうなので、アニメ化の実現は来年の2021年かもしれませんね。理由は、鬼滅の刃や約束のネバーランドが既に2期の発表があったことです。

 

わざわざ、自社の人気アニメ同士をぶつけて、視聴率を下げるなんてことを避けるためかなと思います。また、チェンソーマンは、ストーリーはそこそこ王道なのですが、成人向けの要素を含んでいるので、深夜帯の放送になる可能性もあります。

あと巻数がまだ少ないので、今すぐアニメ化となる可能性は低そうです。鬼滅の刃でさえ、11巻でのアニメ化だったので。

チェンソーマンの設定や世界観

チェンソーマンの設定や世界観ですが、あらすじを見てみましょう。あらすじはざっとみると以下の内容です。

「悪魔」と呼ばれる存在が日常に蔓延る世界。少年デンジと「チェンソーの悪魔」のポチタは、死別した父親の借金を返すため、悪魔を駆除する「デビルハンター」を主な仕事としながらなんとか生計を立てていた。ある日デンジは、仕事を斡旋していたヤクザに騙され、「ゾンビの悪魔」によってポチタと共に殺害されてしまう。しかし、ポチタはデンジの血を飲んだことで蘇生し、デンジの身体を修復するためデンジの心臓となる。復活したデンジは「チェンソーの悪魔」へと変身する力を手に入れ、ゾンビの集団を一掃する。撃退に成功したデンジは現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマに導かれ、その身を公安によって管理されることになる。

引用:https://ja.wikipedia.org/

要約すると、父親の借金を返していた主人公が、悪魔狩りで生活をしていたところを雇用主の騙され、ペットの悪魔と一緒にやられてしまいますが、ペットの悪魔の心臓をもらって復活。敵を撃退したところに警察に保護されたところから、話が始まるというわけです。

 

この続きは原作を読んでもらいたいですが、ストーリーはそこそこ王道です。ただ、主人公のある強敵を倒す理由が不純なところが、他の王道漫画の主人公が掲げる目的と違うところですね。

主人公は親の借金の肩代わりをするというリアルな日常に、悪魔が存在する設定は面白いです。世界観も悪魔を除けば、現代とあまり変わりませんね。

スポンサーリンク




チェンソーマンの評判

チェンソーマンを読んだネットユーザーの声をみると、こんな反応がありました。

・ジャンプ本誌から離れて久しかったけどこれは面白いな

・なんというかこの作者、やはり狂気の持ち主な気がするな。どうにもずれてる感じが面白い。絵もうまいし話も牽引力がある。

・こんな変な漫画よくジャンプで連載できたなあと思う。

・テンポが早めでサクサク進むので読みやすい。

引用:https://bookmeter.com/

上記以外のネットユーザーの声を見てみると、評判は概ね良さそうです。100万部突破していて、作品の内容も面白いので、ぜひアニメ化してほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です